スポンサーリンク

ロードバイクにとって道路の端は危険がいっぱい!

これはロードバイクに乗らない人にはわからないことですが、ロードバイクは道路の端を走るのは苦手です。

ロードバイクのタイヤは細くしかもパンク防止のために空気圧を上げているので、路面の凸凹をタイヤが吸収しにくいのです。

小指ほどの小石でもまともに高速でぶつかると手がハンドルから離れそうになるほどの衝撃です。

もちろんハンドルから手が離れてしまえばロードバイクはコントロールを失い大事故につながりかねません。

そもそも自転車は基本的には車両なので、道路の端に引いてある白線から外に出ないで車と一緒に走行するのが基本です。

なんと!法律上は走行する車にとっては邪魔になる白線の内側(道路わき側ではなく中央側)を走行するのが基本なのです。

道路わきの白線の外側(道路わき側)を走るのは、ルール上は可能ではあるが義務ではない。

おそらくこのルールは車を運転するひとは逆に考えていると思います。
なので、邪魔だどけ!とわざわざ自転車すれすれを平気で走るドライバーがある一定数存在するのです。

法律上、白線の外側(道路わき側)は人の歩くスペースかもしくは車の走行には適しない危険なゾーンを示しているのです。

さらに言えば、白線の外側である道路わきには走行する車によって寄せ集められた砂や小石がいっぱいあります。
農道だと泥の塊がたくさん落ちていたりします。さらには排水用のグレーチングだとか、道路の補修によって凹んだ箇所だとか、ロードバイクだと走りたくても危険なので走れないというのが現状です。

とにかくロードバイクにとって道路の端は危険がいっぱい!なのです。

しかも逆側は車が走っているので、もちろん目一杯危険です。(^-^;

結局のところ自転車乗りはドライバーを信頼するしかないのです。

フォローする

スポンサーリンク