スポンサーリンク

私の望む理想の山部とは

今回は理想の山部を考えてみます。

理想と言っても私個人の理想です。

こういう山部に住みたいというそういう理想です。

学校の一クラスは30名以上いて欲しい。
一ケタとかそういうのは寂しいです。

山部は老人に優しい町であってほしい。
私の両親ももう老人ですし、私もいずれ老人になります。

そういう年老いた人々の身になって考えた町であってほしい。

具体的には車を持たない人が、便利に病院に通えて
歩いて行ける距離に新鮮で安い食料品が買える店があること。

さらに言えば、物を無料で捨てることのできる町であって欲しい。
現在は物を捨てるのが有料なので、粗大ゴミの数々が家の貴重なスペースを
占領してる家が多いのではないかと思います。

もっと若者が多い町。近くでもっといろんなものが買い物ができる町。
笑顔があふれている町。それでいて静寂と落ち着きをもった町。

ざっくばらんに言えば、もっと町に子供が欲しいですね。
人口は今くらいでも良いのかも知れない。
新鮮な食料品を買えるお店の選択肢がもっと増えてほしい。
家の数々の粗大ごみをお金をかけないで何とかしてほしい。
もっと設備の整った病院が近くにほしい。
いろんなジャンルの安くて品ぞろえの多い店が山部にあれば
私だってわざわざ富良野に行かないで山部で買い物します。(^-^;

ということで、今現在の不満を払拭した町が、理想の町なのかも知れません。